MOGA


企業テーマ

トップページ > 企業テーマ

ヘルスクリエーション コラム
暑熱馴化
2019年 7月 31日

7月も終わりになって、梅雨がやっと明けて、猛暑がやってきました。


しかし、気温が急激に上昇したことで、各地で熱中症の方が相ついでいます。


人間の体は、暑さに順応するのに時間が必要です。


これを「暑熱馴化」と呼んでいます。



時間をかけて、暑さに体を慣らしていくことで、通常2週間くらいは必要です。



体が暑さに慣れてくれば、体温の上昇や、心拍数の上昇を、抑えることができるようになってきます。


しかし今年は、数日のうちに急激に温度が上昇したために、体が順応しきれていない状態になっているのです。



また温度だけでなく、湿度が非常に重要です。


温度がそれほど高くなくても、湿度が高いことで、熱中症になります。


今年は、梅雨明けが遅かった影響なのか、高湿度になっています。



それでは、この状況でどのように過ごせばよいのでしょうか。


「暑熱馴化」に時間がかかるため、それまでの対応が非常に重要です。


①体温のコントロール

  体温が上昇しやすくなっているので、体を冷やして、体温を下げることができるようにしておくことが

  重要です。

  また室内でも、体温が上昇するので、エアコンは必ずつけて下さい。

  特に、夜、寝ている間に体温が上昇するため、要注意です。


②水分・塩分のコントロール

  暑さに体が慣れるまでは、汗をかきにくく、失う塩分が多くなっています。

  水分と塩分をしっかりと補給することが必要です。



「暑熱馴化」が完了するまでの間は、無理な運動を控えて、熱中症に十分に注意して下さい。