MOGA


企業テーマ

トップページ > 企業テーマ

ヘルスクリエーション コラム
インフルエンザ新薬の評価
2019年 1月 31日

昨年末から今年にかけ、インフルエンザが大流行しています。

急に寒くなったのと、雨が少なく乾燥しているのが原因と思われます。


最近では、一番の患者数のようです。



今年の特徴として、インフルエンザA型の2つの型が同時に流行しています。

小児では高熱がでる場合が多いので、注意が必要です。

逆に、高齢者では高熱が出ない方も多く、判断が難しいようです。



薬局に来られる患者様に処方される薬として、今年は去年発売された新薬が多いです。


マスコミにも大きく取り上げられている「ゾフルーザ」という薬です。



この薬は特徴が2つあります。


①1回の服用でよいこと。

  これまでの飲み薬であるタミフルは、1日2回5日間の服用が必要でしたが、ゾフルーザは1回のみの服用でよい。


②ウイルス自体が増えるのを防ぐこと。

  タミフルは、ウイルスを人間の細胞の中に閉じ込める作用でしたが、ゾフルーザは細胞の中でウイルス自体が増えるのを防ぐ作用である。



①については、飲み忘れを防ぐ意味では、非常に優れています。しかし、1回の服用がきちんとできなかった場合(嘔吐等)には、逆にリスクを伴います。


②については、インフルエンザという病態に対する効果そのものが、これまでの薬より優れているのかは、証明されてはいません。


現時点の評価としては、これまでの薬と同様の位置づけと思われます。
 


最近、「ゾフルーザ」が多く使われた結果、耐性ウイルスが出現しているという報告がありました。

もし、これまでの薬に比べ、耐性ウイルスができやすいとすると、今後効かなくなる可能性も考えられます。


現在、マスコミの影響なのか、「ゾフルーザ」の処方を希望される方が非常に多いようです。


医師や薬剤師等の専門的な意見を参考にしながら、どの薬がよいのかを選ぶ必要があると思います。