MOGA


企業テーマ

トップページ > 企業テーマ

ヘルスクリエーション コラム
酒は百薬の長?
2019年 1月 4日

新年明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。


年末年始は、いつもよりお酒を飲まれた方も多いかと思います。



昔から、酒は百薬の長といいます。


お酒は多くの薬の中でも、最も優れているという意味ですね。


中国の漢書という書物が出典のようです。


適度な飲酒は、胃腸の状態を活発にし、またリラックス効果もあります。



ただ飲みすぎてしまうと、肝臓にも、胃腸にもよくありません。


また、二日酔いになってしまうと気持ち悪さや頭痛が続いてしまいます。


やはり飲む量が大事だということだと思います。



二日酔いの薬としては、いくつかの漢方薬があります。


1つは、「五苓散」というものです。

水分代謝をよくする作用を持ち、むくみ、吐き気などによく効きます。

アルコールによる頭痛に効くアルピタンという薬で販売されています。

あとは、「黄連解毒湯」という漢方薬があります。
こちらは、余分な熱をとってくれる薬で、飲んだあとのほてりや熱感によく効きます。
飲む前に服用しても有効です。

他に、「半夏瀉心湯」というものもあります。
胃腸のもたれや下痢が続いているときによく用いられます。



もちろん個人差はありますが、二日酔いのときには、ぜひ試してみて下さい。